カードローンの借り換えは、一体どんな審査してるんでしょう?「借り換え」では既に借金がある状態での審査になるので、初めて借りたときよりも不安という人も多いようです。

確かに、借り換えローンの審査は、一般のローンの基準より厳しいと言われます。その理由は、やはり初めて借りる人と既に借金を抱えている人の違いです。また、借り換えはおまとめローンを伴うこともありますので、そうなると融資額も高くなってきます。融資額が上がればその分審査のハードルも上がります。

借り換えではどこを審査で見られているかをまとめたので参考にしてください。

延滞

借り換えは既にカードローンを利用中の人ですから、きちんと返済しているかが審査では重要になります。借り換えを考えるくらいですから現在のカードローンの返済が大変だという意識が働いているはずです。それが実際に返済ができなくなっている人も多いわけです。

しかし、金融機関は過去に延滞のあった人への融資を基本的にはしません。だから、返済ができなくなってから借り換えを考えるので既に遅いのです。ただ、どうしても借金生活から脱出したいんだという強い意志が伝われば融資が出る場合もあるので諦めないでください。

それと、過去の延滞を隠したり借金の額を少なく申告して融資を受けようとする人がいます。しかし、延滞すると金融機関で共有されている個人信用情報に記録されるので、借りるときに調べればバレてしまいます。嘘を付いたと思われてたら信用がありませんから審査には通りません。申込みフォームは嘘をつかず正直に申告しましょう。しかし、嘘をつくつもりがなくてただ間違っただけという場合もあるでしょう。でも審査する側が嘘だと感じたらそれでアウトです。間違いがないように何度もよく確認してから申し込みましょう。もし本当に間違って送信しまったらすぐに電話して訂正してもらいましょう。それだけでも印象は全く違います。

勤務先、年収、職種、勤続年数

まず、もし転勤の予定があるならその前にお金を借りましょう。なぜなら、審査で一番大事なのは「勤続年数」だからです。どんなに大きな有名な会社に勤めていても、勤続年数が1年未満なんて人にはお金は貸してくれません。できれば3年以上は勤続年数は欲しいところです。

また、職種についても差が出ると言われています。例えば、営業や販売、接客業、水商売といった職種は審査が厳しくなります。なぜならお給料が歩合制であったり解雇されやすい職種だからです。また、個人事業主やオーナー社長も(お給料が高くても)事業が不安定という理由から審査は厳しめになります。

融資額

特におまとめローンの場合は、希望する融資額は大きくなりがちです。融資額が大きい程やはり審査は厳しくなります。もし、おまとめローンを希望しているのであれば、いま借りているカードローンのうち1つに融資限度額を上げてもらう交渉をした方がいいかもしれません。融資枠が100万以上になれば貸金業法に基づいて金利は下がるからです(借り換えと同じ効果)。ただ、注意したいのは延滞をしていないということ。過去に延滞していると融資限度額を上げてもらうのは難しいでしょう。

お薦めの借り換えローン

ここでは、借り換えにお薦めのローンを紹介します。すべてWEBから申し込めます。
借り換えローンは通常のローンより審査に時間がかかることが多いので早めに申し込んだ方がいいです。



このページの先頭へ