両親に知られないよう注意してキャッシングに申し込みました

キャッシングに申し込みをしたのは、もしものときの保険として使おうと思ったからでした。

エステサロンに通うようになって毎月の出費が多くなってしまったのです。私は短大を卒業して3年目のOLです。スキンケアやメイクにハマってしまいました。エステサロンだけではなくコスメ集めにもハマってしまい肌に良さそうな化粧品はつい買ってしまうのです。実家で両親と暮らしているので家賃の心配はありませんが、家には食費や光熱費として毎月2万円は入れるようにしています。

何とかやり繰りはできているのですが、たまにクレジットカードを使い過ぎてしまうこともあります。

そこで念のためにキャッシングにもうし込んでくことにしたのです。

キャッシングに申し込むときに私がいちばん気になったのは両親に知られてしまうのではないかと言うことです。

私がキャッシングを利用していると知ったら何を言われるか判ったものではありません。

そこでキャッシングの申し込み先は慎重に時間をかけて探しました。

キャッシングには銀行系や消費者金融系などいろいろなものがあります。そのかに、自宅に郵便物などいっさい送らないという消費者金融がありました。

更に、都合の良いことにその消費者金融は私が給与振込用に使っている口座の銀行系列でもありました。

口座を持っている銀行の系列だということもあり、安心だと感じられ私はその消費者金融に申し込みをすることにしたのでした。そして、両親にも会社にも知られずに私は無事にキャッシングの申し込みを終えることができたのでした。両親は今でも私がキャッシングに申し込みをしたことを知っていません。これからも両親に心配をかけないようキャッシングを利用するときは返済計画をしっかりと立て返済が遅れないようにしていきたいと思っています。

このページの先頭へ