母をもてなすためにキャッシング

実家の母が旅行のため、急遽こちらに泊まることになりました。

もっと早い段階で知らせてもらっていれば準備もできましたが、思いつきで行動をする母なのでしょうがありません。

ちょうど金欠で節約生活をしていたこともあり、食料はほとんどありませんでした。

米と調味料はありましたが、母をもてなすのにはあまりに貧相すぎます。

自分だけなら我慢できてもおいしいものを食べてほしい、と考えたんです。

しかし、現金がなかったため、どうすることもできなかった故の貧乏生活でした。

こういう困った時のための手段として、キャッシングを使うことがあります。

1週間ぐらい泊まる予定だと聞いたのでコンビニのATMで3万円借り入れをして、帰りにスーパーで食材を購入しました。

母はうに、マグロ、高級ステーキといった高価なものが好みということもあり、それらの食材を惜しげもなく購入したんです。

独立をして元気でやっていると報告をしてあるため、貧相な生活をしていたことは絶対に悟られないための対策でした。

余計な心配をかけたくなかったんです。

こうして食材を用意して準備万端の状態で迎え入れて、久しぶりに親子での交流の時間を持つことができました。

とても喜んでもらえたのでほっと一安心です。

やはりピンチの時にこそ、キャッシングカードがあればとても便利だと思います。

このページの先頭へ